男性用の育毛剤と比べて女性用の育毛剤にはどんな特徴があるのか

育毛剤には男性用と女性用、そして男女兼用という3種類のものが存在します。これは、薄毛や抜け毛といった頭皮のトラブルには性差があり、男性用に売られているものを女性が使用しても効果が期待できない上に、副作用が心配されることがあるからです。

では、男性用と女性用の育毛剤はその特徴にどのような違いがあるのでしょうか。

■ 男女の薄毛の原因
男性の薄毛や抜け毛の原因のほとんどは男性ホルモンによるものとされています。これは遺伝の要素が強く、とくに前頭部の薄毛として現れます。

そのため、男性用の育毛剤の成分は男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待されています。これに対して、女性の場合は生活習慣や老化といった影響で、毛母細胞に栄養が行き届かなくなり、頭頂部から全体に薄くなってしまうという特徴があります。

そのため、女性用の育毛剤には頭皮の乾燥を防ぎ、髪の毛に栄養を与える効果が期待されています。

■ 成分と効果の違いとは
女性用ものもとくらべ、男性用の育毛剤は全体的に刺激が強すぎる場合があります。男性は女性よりも刺激に強いとされているため、刺激は強いけれど高い効果の期待できる成分が含まれているのです。

皮脂を排除する成分や血行促進の効果が高い成分も含まれており、女性が使用するのには強すぎる刺激をもたらします。とくに女性は肌が敏感な人も多いため、男性用の育毛剤を使用することで肌がかぶれてしまったり、副作用が強く出てしまったりする場合もあります。

女性用のものは当然そういった心配が低いため、女性はそちらを使用するのが望ましいでしょう。

■ 男女兼用などもあります
男性であっても薄毛の原因が生活習慣などによる場合、女性用の育毛剤を使っても問題ありません。また、男女兼用の育毛剤というものも存在しますので、自分の状況と照らし合わせて選択しましょう。