女性は出産がきっかけで薄毛になってしまうこともあります。しかし、妊娠中や産後の授乳中での育毛剤の使用は何かと不安ですよね。

産前産後の女性にも使える育毛剤は存在するのでしょうか。ここでは、妊娠中や授乳中にも使える育毛剤とNGな育毛剤について紹介します。

妊娠中や授乳中も使える育毛剤について

妊娠中や授乳中にも使える育毛剤のポイントはいくつかあります。まずは、女性用の育毛剤であることです。男女兼用というものもありますが、妊娠中は特に身体が敏感になっていますので、女性用と書かれているものがいいかもしれませんよ。

次は、化学成分を含んでいないことです。鉱物油、合成保存料、石油系界面活性剤、香料、着色料といった添加物が含まれていないものを使用しましょう。

最後に原材料は天然の成分で出来ているものを選びましょう。天然性由来の成分でしたら、胎児や乳児に悪影響を及ぼす危険性は低いはずです。

赤ちゃんのためにも安全性の高いものを使うことを心がけましょう。

気を付けるべき育毛剤について

妊娠中や授乳中の場合、医薬品とされる育毛剤にはご注意ください。これらの育毛剤には副作用の危険もありますし、胎児や乳児への影響も心配されます。

男性用の育毛剤だと、フィナステリドと呼ばれる成分が胎児に影響を及ぼすとして有名ですので、特に使わないようにしましょう。

また、女性用のものでもたまに含まれているミノキシジルとよばれる成分も心配です。また、先述した通り添加物にも十分注意しましょう。

胎児や乳児への影響も心配ですし、普段は平気であっても妊娠中や授乳中はホルモンバランスも乱れますので、母親である女性の身体にも悪影響が心配されます。

しっかり様子を見ながら使ってください

妊娠中や授乳中の女性は体調を崩しやすいという特徴もあります。体調によっては肌にとって強い刺激となる場合もありますので、パッチテストなどもしつつ使用を考えてくださいね。